リフトアップ化粧品ランキング 人気ランキングを見てリフトアップ化粧品や化粧水を選ぶのがおすすめ!

 

リフトアップ化粧品でたるみを解消しましょう

 

30歳を過ぎると、実年齢以上に老けて見える方と、その反対に ずっと若く見られる方がいらっしゃいます。

 

たるみなしの顔;

 

 

どうしてなんだろうと考えてみたら、その原因は、「シワ」と「たるみ」にある!という結論にたどり着きました。

 

肌内部がたるむから、肌の表面にほうれい線などのシワができるのです。

 

35歳を過ぎると、目元口元は5年毎に1cmずつ「たるみ」が進行していくそうです。

 

しかし、もし1cmリフトアップできたら、5歳若返る ことになります。

 

アンチエイジングとは、肌の老化のスピードをできるだけ緩やかにすることだと考えています。

 

女性のエイジング

たるみをリフトアップしてをシワやたるみを内側から押し上げて伸ばしてやるには、肌内部のハリを取り戻さなくてはなりません。

 

そのためには、まず角質層のすみずみへ即効的に潤いを与える必要があるのです。

 

「シワ」と「たるみ」の改善には、一般的な基礎化粧品ではなく、リフトアップ化粧品が必要なのです。

 

もし肌のたるみが気になるなら、手遅れになる前にリフトアップ化粧品を使い始めるべきです。

 

 

アイテム別おすすめリフトアップ化粧品

興味があるのは、どのリフトアップケアですか?

 

基礎化粧品ランキング 時短化粧品ランキング
スペシャル化粧品ランキング マッサージ化粧品ランキング

 

 

このページの目次

 

 

リフトアップ化粧品ランキング|アイテム別に紹介してます

 

たるみ肌ケアできる化粧品には4つのアイテムがあります。
ご自身の生活スタイル、美容スタイルに適したアイテムでスキンケアを続けましょう。

 

基礎化粧品部門ランキング

ビーグレン エイジングセット

40代以降なら明らかな効果を実感できるはず
独自のQソーム技術を使った
ドクターコスメ浸透力が違います。

 

 

>ビーグレン使ってみた♪<

フィルムでの技術と経験を生かした
世界最小クラスのヒト型ナノセラミド

 

 

>アスタリフト使ってみた♪<

 

コスパ高い!
人気急上昇中 一流品質を1/3の価格で提供

 

 

>アテニア使ってみた♪<

敏感肌でも大丈夫!
しみないから肌荒れ時もスキンケアできます
生理前や産後の急な肌荒れにおすすめです

 

 

>アヤナス使ってみた♪<

 

>>もっと詳しく基礎化粧品を見る

 

 

オールインワン部門ランキング

最近人気のオールインワンゲル(ジェル)。

 

コレ1本だけでOK!という方が多いのは言うまでもありませんが、普段はラインを使っている方でも、忙しい朝用として、または緊急時のお助けコスメ的に使っている方が多いです。

 

コスパが高いのも人気オールインワンの特徴です。

>

植物から見つけたプラセンタ以上の実力
ヒアルロン酸の6倍 コラーゲンの3倍 プラセンタの2倍
敏感肌でも安心です!

 

>けっこうお得なキャンペーン実施中!<

肌を熟考するスキンケア【コンシダーマル】

ラメラテクノロジーが日本人由来の保湿力へ
低刺激処方なので敏感肌でも大丈夫
肌に負担を掛けないテスト済み
無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリー

バランスの整ったオールインワン
カプセルコラーゲンが角質層まで浸透して、肌にハリと潤いを

しみ・しわ・たるみにお悩みの方へのオールインワンゲル
化粧水・乳液・美容液が1つになった「奇跡のゲル」

 

 

>>もっと詳しくオールイン化粧品を見る

 

 

美容液部門ランキング

シワ・たるみにお悩みの30〜50代に人気
今お使いの基礎化粧品にプラス1本のスペシャルケア。

 

化粧品を替えるリスクもなく、リフトアップ美容液のメリットだけプラスします。

 

ビーグレン Cセラム

気になるところに2滴!
肌に浸みこんでいくのを実感できる美容液です。
ビーブレン人気NO.1商品

世界で一つのシワ改善化粧品
日本初承認のシワを改善できる薬用化粧品ですでに86万人が体感しています

トワエッセ

人工皮膜成分がハリ肌、もち肌を実現
肌の安全を考えた「無添加・無香料・無鉱物油・パラベンフリー」

 

 

>>もっと詳しくリフトアップ美容液を見る

 

 

マッサージ化粧品部門ランキング

リフトアップにはマッサージは欠かせません。
表情筋のコリをほぐし、リンパの流れや血流を良くしましょう。

 

まるでプチ整形と評判!!

 

たるみがグイと引きあがります
リフトアップと同時に小顔効果に驚くかも・・・

 

>>もっと詳しくマッサージランキング化粧品を見る

 

 

 

【おすすめリフトアップアイテムをもっと詳しくチェック】

基礎化粧品ランキング 時短化粧品ランキング
スペシャル化粧品ランキング マッサージ化粧品ランキング

 

 

>> メニューに戻る

 

 

ほうれい線発見!リフトアップを始める合図です

よく30代の女性から「そろそろエイジングケアを始めたほうがいいでしょうか?」と尋ねられることがあります。

 

もし「今現在のために必要か?」と聞かれれば、不要だと答えます。
なぜなら、エイジングケアとは「40代50代になった自分」のために行う「将来投資」だからです。

 

どんな40代になりたい、50代でいたい、というご自分の将来像にあわせてケアの方法も変わってくるでしょう。

 

また、一口に「エイジングケア」といっても種類は様々で代表的なものだけでも、「しみ」「しわ」「乾燥」「毛穴ケア」「大人ニキビ」そして「たるみ」があります。

 

特に「たるみ」や「シワ」は立体的なサインで隠しにくいので、早めのエイジングケア開始が必要だといわれています。

 

 

 

 

ほうれい線30代

30代は、あまり「ほうれい線」の心配はないと思いがちですが、35歳から「たるみ」は始まるそうなので、一般的には35歳がリフトアップケアが必要となり始める年齢と言えるでしょう。

 

早めのリフトアップケア開始は、40代から出現するエイジングサインを遅らせる効果が高いとも言われています。

 

 

ほうれい線40代

40代になると、ほほのたるみが目立ち、ほうれい線が現れる方が多いようです。

 

ほうれい線は「たるみ」が進行しているサインです。肌の若さを保ちたいなら遅くとも40歳にはリフトアップケアを始めるべききだと考えられます。

 

 

ほうれい線50代

さらに50代になると、頬のたるみがハッキリしてきて、皮膚の薄い目元にもシワが出始めます。

 

特に頬はたるみが顕著になり、ほうれい線がハッキリしてきます。また顔全体にハリ感がなくなってきます。

 

50代は30代40代のリフトアップケアが、結果となって表れてしまう年齢です。

 

 

ほうれい線60代

また60代になると、額にもシワができてしまったり、顔だけにとどまらず、首にもシワができてしまう方が多くなります。

 

さらに70代になると、たるみやシワはより深くはっきりしてきます。

 

こういったエイジングサインは、加齢によるものなので、止めることはできませんが、その進行を遅らせたり緩やかにすることはできるはずです。

 

 

見た目年齢はどこで決まるのでしょう?

高校の同窓会なんかに行くと感じるのですが、同じ歳なのに若く見える方と老けて見える方がいらっしゃいます。もちろん、メイクや服装など身につけるものも影響しているとは思いますが、顔だけ見てても見た目年齢の違いって感じますよね。

 

 

私はその原因の一つに「顔のたるみ」が影響しているのではないかと思っています。たるみがでると頬から顎にかけてのフェイスラインが大きく変わってしまいます。

 

肌のくすみやシミ、シワなどは、そこそこ近づかないと見えませんが、顔のたるみは、少し離れた場所からでも立体的にハッキリと目立ってしまいます。

 

 

ほうれい線は「たるみ」の深刻さを表す目安です

 

 

リフトアップ化粧品 たるみ

 

 

他の肌トラブルが平面的、表面的な悩みなのに対し、「たるみ」と「ほうれい線」は、立体的なエイジングサインなので、化粧品で隠すことはできないのです。

 

また「たるみ」と「ほうれい線」は、別々のエイジングサインと考えられがちですが、「たるみ」が生じた結果として「ほうれい線」が刻み込まれるのです。

 

さらに「たるみ」が進行すると、口元には「マリオネットライン」や目の下の「ゴルゴライン」も出現してしまいます。

 

漠然とエイジングサインとか肌のたるみに悩んでます!と言われますが、それが頬や口元の場合なら、その程度を表すのが「ほうれい線」です。

 

 

ほうれい線の有無、ほうれい線の濃い、薄いが、肌のたるみの程度を示す基準とすることができます。

 

ほうれい線ができる仕組みは、肌のハリがなくなり、肌が重力に負け、たるみが生じると、そこにねじれができ断層のようにシワが刻み込まれます。

 

たるみの程度が軽ければ、ほうれい線は短く薄いものになりますが、たるみが大きくなると、その重力でほうれい線は長く、濃く、深いものとなります。

 

したがって、短くて薄いほうれい線に気づいたときこそ、「たるみ」の進行を食い止めるリフトアップケアが必要となるタイミングだと判断すべきです。

 

>>「かんたん!顔のたるみをを自分で確認する方法」の記事はコチラ

 

 

目元のたるみケアは口元のたるみケアよりも難しい

 

 

リフトアップ化粧品 目元たるみ

 

また目元のたるみケアは非常に難しいのです。

 

なぜなら、目尻や目の周りの皮膚は非常に薄いため、美容成分を与えてもとどまりにくいため、口元のケアに比べてく効果がでにくいのです。

 

目元のたるみケアには、目元専用のエイジングケア化粧品を使うことをおすすめします。

 

 

アラサー以降は「たるみ」で悩み始める方が増加します

30歳を過ぎると、急に「肌のリフトアップ」に悩んでいる方が急増するそうです。ある美容クリニックが実際に行った「お肌のお悩み」アンケートでは、「顔のたるみ」でお悩みの方が、30代では2位、40代50代では1位となっています。

 

また男性でも50代は「顔のたるみ」がお悩み1位となっていました。そのアンケート結果のレビュー詳細がこちら。

 

 

 

20代 1位ニキビ(跡)54.0%    2位毛穴 42.9%
30代 1位シミ 55.2%       2位たるみ 42.0%
40代 1位たるみ 67.4%       2位シミ 55.8%
50代 1位たるみ 75.0%      2位しわ 56.7

 ※サンプル1185名男女 複数回答

 

 

>> メニューに戻る

 

 

 

顔のたるみの原因とは?

 

リフトアップ化粧品 たるみ

 

肌のたるみが起こる理由はさまざまですが、おおむね次の3つの肌環境の悪化により肌が重力に負けてしまうと考えられます。

 

1. 肌内部で引げる力の低下
2. 肌表面のバリア機能の低下
3. 顔のむくみ

 

さらに肌の状態が悪化してしまう原因としては、「生活環境によるもの」と「加齢(老化)」によるものが考えられます。

 

これら2つの原因が組み合わさって、「肌のたるみ」や「ほうれい線」が表れてしまうのです。

 

 

生活環境による原因

肌のたるみの原因に最も大きく影響するのが「紫外線」です。

 

私の若いころは、海でサンオイルを塗って小麦色の肌にするのが普通でしたし、日焼けサロンなんていうのがブームになっていたりしたのですが、これがアンチエイジング的には、タブーの行為だったのです。

 

 

リフトアップ化粧品 紫外線

 

紫外線は蓄積型の肌への外部刺激で、どれだけ紫外線を浴びてきたかによって、お肌の年齢は決まるとも言われています。

 

紫外線にはUVA、UVB、UVCと呼ばれる3種類の波長の異なる光線がありますが、なかでも「UVA」と呼ばれるは真皮層まで達し、肌の内部のコラーゲンを破壊してしまうのです。

 

肌の土台とも呼ばれる真皮層のハリ、弾力がなくなるから、たるみやシワができてしまうのです。

 

小麦色に日焼けした女性もカッコイイですが、顔はもちろん、胸元や腕や足にも肌が乾燥して細かいシワが刻み込まれてしまっている方をよく見かけます。

 

他の原因としては、

 

 ・血行不良
 ・食生活の乱れ
 ・ストレス
 ・飲酒喫煙
 ・睡眠不足

 

など生活習慣も、顔のたるみの原因となります。

 

 

加齢(老化)による原因

加齢による肌トラブルやエイジングサインにも、さまざまな要因がありますが、はやり真皮層の乾燥やコラーゲンの不足などが挙げられます。

 

赤ちゃんのときのコラーゲン量を100%とすると、30代では40%、40代では30%、50代では20%以下となってしまいます。

 

これはコラーゲンを生成するスピードよりも、破壊(分解)されるスピードのほうが速くなっていくためで、とくに30代から40代の間に、そのスピードは急激に早くなってしまいます。

 

したがって、肌ケアによってコラーゲンが破壊されるスピードを緩やかにして、生成力を助ける必要があるのです。

 

>> メニューに戻る

 

 

リフトアップして「たるみ」を改善する方法

 

 

リフトアップ化粧品 たるみ

 

すべてのエイジングケアができればいいのですが、それは現実的に無理な話なので、まずは悩みが深いエイジングサインに焦点をあててエイジングケアを始めることになります。

 

すこし乱暴な言い方になりますが、「シミ」「小ジワ」「ニキビ跡」「くすみ」「毛穴」などはコンシーラーやファンデーションなどでも隠せます。

 

しかしどうしても隠せないのが「肌のたるみ」や「深く刻まれたほうれい線」なのです。

 

年齢にかかわらず、ほうれい線が気になり始めたら、それは「頬のたるみ」が始まっているサインです。
言うまでもなく、至急リフトアップケアが必要だと思われます。

 

また、たるみ対策を行うことで、肌内部の保湿され、肌のターンオーバーが正常化されるため、他のエイジングサインについても改善が期待できます。

 

 

肌のリフトアップ力を取り戻すには

コラーゲン エラスチン

 

肌内部のリフトアップ力低下の原因は、肌内部の真皮層に張り巡らせたコーラーゲンやエラスチンの減少や変性が原因です。

 

建物を支える土台で例えると、コラーゲンは網のように張り巡らされた鉄筋で、エラスチンはその鉄筋を正しく固定補強する留め具です。
これらがきちんと支え続けていないと、リフトアップ効果をと持ち続けることはできません。

 

したがってリフトアップ化粧品には、肌の表面的なケアよりも、どちらかというと肌内部のコラーゲンやエラスチンなどのハリ成分を整え、強くすることが求められます。

 

 

肌表面のリフトアップ力を取り戻すには

 

口元のしわ;

 

肌内部の土台が崩れると、ヒアルロン酸を蓄える力が減少します。
ヒアルロン酸は、たった1gで6リットルもの水を抱え込むことができるという脅威の保水力により、肌の潤いを保っているのです。

 

つまり、ヒアルロン酸が減少し、さらに加齢でセラミドが低下すると肌表面の角質層の潤いもなくなり、それらの結果、皮膚のハリがなくなりたるみが発生します。

 

したがって、リフトアップ化粧品には、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分を増やし、保湿力を高めることが求められます。

 

 

顔のむくみを解消するには

顔の血流やリンパの流れが悪くなり、不要な水分や老廃物が溜まってくると、顔がむくみ、それを支えきれずに「たるみ」へとつながります。

 

したがって、リフトアップ化粧品には、リンパの流れをよくしたり、肌を温めて血流をスムーズにすることが求められます。

 

リフトアップ化粧品の使用とともに、適度のマッサージが効果的です。

 

>>おすすめのマッサージ美容液

 

 

>>  メニューに戻る

 

 

リフトアップ化粧品の注目すべきポイントは?



リフトアップ化粧品選びの基本的な着眼ポイントは、

 

「潤い力」×「浸透力」

 

 ・潤い力=保湿効果の高い美容成分
 ・浸透力=肌バリアを通り抜け角層の奥まで届く力

 

 

このどちらかが欠けてもいけないのです。
特に「浸透力」はリフトアップ化粧品選びには重要なポイントです。

 

なぜなら、普通肌は肌バリアのおかげで水も脂も浸透しません。そのため、化粧品を浸透させるには美容成分の分子を小さくする(ナノ化)など、特別な技術が必要なのです

 

 

浸透技術のない化粧品は・・・

 

ナノ浸透技術やじるし

 

・せっかくの美容成分なのに肌バリアがシャットアウト

・空気に触れると美容成分が変化してしまう

・美容成分がすぐに代謝され効果が持続しない

・肌に刺激を感じるので使えない

 

 

 

肌を潤す美容成分は各化粧品さまざまなものを研究、選択していますが、いくら良い成分でもしっかり浸透しないと美容効果は期待できません。

 

ですから、たるみを改善しリフトアップする化粧品を選ぶには、この「浸透力」の根拠や技術をチェックすることがポイントとなるのです。

 

 

リフトアップされたハリのある引き締まった肌を作るためには、それに必要な美容効果美容成分がかかせません。

 

世の中には、たくさんのメーカーやブランドから溢れるほど数多くの化粧品が流通しています。
そして、どれもが競って「○○に効果的な化粧品」とアピールしていますが、その根拠である「美容効果と美容成分」を必ずチェックしましょう。

 

 

ハリを与える美容成分が配合されていること

 

たるみを改善するためには、皮膚の中のコラーゲン量をアップさせることがカギ。
次の3つの成分が入っている化粧品を選ぶことが大切です。

 

1.ビタミンC誘導体…ハリをアップ、美白効果、肌を引きしめる効果があります。
2.レチノール…ハリをアップさせ、美白効果も高いです。
3.コラーゲン…ハリをアップさせます。

 

ビタミンC誘導体やレチノールは、肌の中のコラーゲンが作られるのを助けてくれて、肌にハリやツヤを出してくれます。抗酸化成分としても知られています。
これら3つの美容成分が入っているケア用品をチョイスして、たるみに対する正しいスキンケアを実践していきましょう。

 

 

高保湿の化粧品であること

 

「肌の乾燥」はたるみに一番良くありません。肌が乾燥するとハリやツヤがなくなり、肌がたるむ原因となってしまいます。

 

保湿力が高い化粧品を選んで、肌の乾燥を極力避けるようにしてください。

 

保湿力が高い成分として有名なのが次の2つです。名前くらいはみんな聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

1.セラミド…保湿成分
2.ヒアルロン酸…保湿成分

 

たるみを防いだり、リフトアップを狙うなら、セラミドやヒアルロン酸が入っている化粧品を選ぶと良いです。

 

 

>>「美容成分」についての詳しい記事はコチラ

 

 

 

リフトアップ化粧品選びは浸透力にも注目しよう

 

リフトアップ化粧品

 

リフトアップ化粧品の口コミを見ていると、「セレブ御用達の5万円もする高級クリームとニベアの青缶の成分がほぼ同じだった」という衝撃の記事を見つけました。でも私はあまり驚きませんでした。

 

なぜならリフトアップ化粧品にかぎらず、多くの化粧品に使われている美容成分には、特別大きな違いがないということを知っていたからです。

 

化粧品の箱や裏側、WEBサイトで成分表を見ると、化粧品に含まれている全成分が記載されています。

 

 

 

そして、その含有量が多いものから順に記載されています。
これらを見比べると、多くの化粧品、美容液などに含まれている美容成分、有効成分には、あまり大きな違いがないことがわかります。

 

しかしながら、人気のリフトアップ化粧品とそうでない化粧品とでは、その口コミなどを見る限り、あきらかに評価や感想は、雲泥の差となり、リフトアップ化粧品の人気ランキングにも現れています。

 

では、どこが違いがあるのかというと、やはり「浸透力」なのです。

 

いくら高級な美容成分があったとしても、肌の奥まで浸透しないと、効果は表面的なところで終わって、リフトアップ効果は期待できません。

 

いくらコラーゲンの含有量が多くても、いくら高濃度ビタミンCであったも、肌バリアに阻まれてしまうと、肌には吸収浸透せず、ただただ無駄に溢れていることになります。
したがって、リフトアップ化粧品の口コミを見る際は、「浸透力」に注目すると、その化粧品の実力が見えてくるはずです。

 

 

浸透力とははどんな技術?

 

肌をリフトアップし、たるみを解消するには、真皮層のコラーゲンの生成を助けるとともに、肌内部のハリを保つための保湿効果が必要となってきます。そのためには、美容効果の高い成分を肌浸透させることが不可欠です。

 

しかし、一般的な化粧品の美容成分は、いくら美容効果の高いもので分子のサイズが大きいと肌内部には浸透しません。
なぜなら「肌バリア」が存在するからです。

 

肌バリアとは、紫外線やホコリなどをはじめ、異物などの外部刺激が侵入するのを防いでいるものです。いくらリフトアップ効果が高い成分だといっても、いくら美容成分が豊富に含まれている皮膚に良い化粧品であっても、肌バリアにとっては異物でしかありません。

 

また肌は、水溶性と油溶性の層がミルフィーユのように重なり合ってできていますので、浸透させるには水溶性と油溶性の層にも対応する必要があります。

 

ですから、肌内部に美容成分を浸透させ、リフトアップ効果を期待するには、美容成分の分子を小さくしたり、カプセル化するなどして、肌内部に浸透させる技術が必要なのです。

 

その代表的なものがナノ分子化やナノサイエンスなどと呼ばれる技術です。

 

リフトアップ化粧品を選ぶ際には、どのような浸透技術が用いられているかを必ず確認しましょう。
技術的な根拠や裏付けもなく「肌内部に届く」「浸透する」と謳ってるリフトアップ化粧品には注意しましょう。

 

>>ナノ技術について詳しくはコチラ

 

 

>> メニューに戻る

 

 

 

 

【おすすめリフトアップアイテムをもっと詳しくチェック】

基礎化粧品ランキング 時短化粧品ランキング
スペシャル化粧品ランキング マッサージ化粧品ランキング

 

 

>>  メニューに戻る

 

 

 

オールインワンジェルにもリフトアップ効果の高い化粧品はあります

 

仕事や育児でお忙しい方が手軽にアンチエイジングするなら、オールインワン化粧品を使うという手もありますね。

 

夜遅い時間に帰宅してからのスキンケアはつらいもの。短時間で済ませられるオールインワンは助かります。少し前までは、「手抜き化粧品」なんて呼ばれることもありましたが、最近では高機能オールインワンも登場しています。

 

お風呂上がり直後の乾燥対策は時間との勝負!

数分後にライン化粧品でケアを始めるよりは、数秒後にオールインワンで即効肌ケアできるという利点は、忙しい方には特に大きなメリットがあると思います。

 

また、普段はそれほどケアする必要はないけど、空気が乾燥する冬の季節だけは、しっかりリフトアップケアしたいという方にもオールインワンは便利だと思います。

 

オールインワン化粧品とは、化粧水・乳液・美容液・アイクリーム・クリーム・マッサージクリーム・パック・化粧下地などの役割をこれひとつでカバーしてくれるというものです。

 

ラインで使うリフトアップ基礎化粧品と単純に比較するとこはできませんが、時間やコストをカットできるという点を考えると、時短と美容の両方の効果があり、とてもコスパが高い化粧品と言えるでしょう。

 

>>リフトアップオールインワンジェルの体験記事はコチラ

 

 

>> メニューに戻る

 

 

美容液をプラスするだけのリフトアップもあります

 

モワエッセ

 

リフトアップ化粧品には、ラインで使う基礎化粧品とオールインワンジェルもあります。

 

しかし、これらの化粧品を使うには、いま使っている化粧品をやめて、これらのリフトアップ化粧品に総替えシフトする必要があります。

 

とはいえ、いままで長い間使ってきた基礎化粧品を急に変えるのは、なかなか難しくつらい判断となります。

 

そんな方には、>リフトアップ効果のある美容液を1本加えるという選択肢もあります。

 

これなら、いまあるリフトアップ効果の少ない基礎化粧品もムダにすることなく、また一揃えそろえると安くはないライン化粧品を一気に買う必要もありあせん。

 

 

 

たるみにおすすめの化粧品 その基本的な選び方とは?

リフトアップ化粧品もたくさん出回るようになったので、何を基準にして選んで良いか分からない人も多いでしょう。
リフトアップ化粧品を選ぶときには、次のポイントを押さえて購入すると良いと思います。

 

 

まずは肌質にあわせて選びましょう

 

ひどい乾燥肌の人や、敏感肌の人は、健康的な肌の人と比べるとどうしても老けてみられがちですね。それで悩んでいる方も多いでしょう。

 

敏感肌や乾燥肌の人のお肌はバリア機能が低くなっています。
バリア機能が低下すると、「お肌の水分が逃げやすくシワを作りやすくなる」、「炎症によってコラーゲンが切れてしまい、肌の弾力が失われやすい」という2つの特徴が表れます。

 

結局のところ普通肌の人より、ハリやツヤがなくなるので、同じ年齢の人と比べるとシワやたるみ、ほうれい線などが目立ってしまい、年齢よりも老けてみられることが多くなるのです。

 

敏感肌やひどい乾燥肌の人は、お肌のバリア機能が低下していますから、美容成分の配合量の多さで選ぶよりも、肌に刺激を与えない商品かどうかを優先して化粧品を購入するようにしましょう。

 

敏感肌用と広告していても、必ずしも自分に合うとは限らないので、安価なトライアルセットなどで試すようにしましょう。無料サンプルなどがあると一番良いですね。本当にお肌に合わないときは1回の使用で炎症が起きたりしますから、無駄なお金をかけなくて済みます。

 

 

つぎはお肌の悩みにあわせて選びましょう

 

一口にリフトアップ化粧品といっても、本当にさまざまなものが出回っていますね。ほうれい線専用だったり目元専用だったり、顔全体のたるみ用までいろいろあります。

 

気になる部分が多い人ほど、あれもこれもと使いたくなる気持ちも分からないではないですが、何種類も使うのは、付けすぎや摩擦で肌に負担をかけますし、同じ成分がダブってしまったりとあまりオススメはできません。

 

まず最初にするべきことは、自分の悩みをしっかりと把握して、本当に必要な化粧品だけを厳選して使うことです。
リフトアップ化粧品はライン使いした方が効果的といわれていますが、一般的に化粧品に相乗効果があるとは考えにくいです。

 

ライン使いした方が、一気に買いそろえられるなどのメリットはありますが、メーカーやブランドをバラバラに購入しても特に問題はありません。例えば、化粧水はA社、美容液はB社というのもOKです。

 

自分のお肌の悩みに合わせて、本当に必要なものをチョイスして使う方がお肌の負担にもならないし、金銭面でも無駄な出費をしなくて済むのです。

 

 

そして生活環境ににあわせて選びましょう

 

アンチエイジング用のケアアイテムとしては、クレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、クリーム、パックといろいろな商品がありますね。

 

毎日しっかりお手入れする時間が確保できるのなら、ケアアイテムをラインで使うのも良いでしょう。
でも、仕事や育児・家事などで忙しい女性も多いでしょうから、スキンケアに時間を割けないときには、オールインワン美容液を使うのもひとつの方法です。

 

お手入れしたという感覚がないほどに、ケアがササッと終了してしまいます。全く何もしないでいると、やはり年齢を重ねるごとに違いが歴然としてきますから、最低限のケアはした方が良いですよ。

 

忙しい朝はオールインワン美容液で済ませて、ちょっとのんびりできる週末だけパックしたりという方法もあります。自分の生活のスタイルに合わせて化粧品を選ぶとよいでしょう。マイペースで長く続けられることがポイントです。

 

 

最低2〜3か月は続けられる化粧品を選ぶことも重要です

 

肌のターンーオーバーは通常の状態で約1ヶ月といわれています。年齢やさまざまな原因によって肌の新陳代謝にかかる時間は遅くなっていきます。だから、最低でも2ヶ月間は同じ化粧品を使い続ける必要があるのです。

 

エイジングケアに大切なのは、何よりも「続けること」なのです。
短気を起こさずに、いろいろな化粧品に目移りしないことも大切です。短い期間だけ高い化粧品を使うよりも、手頃な値段の化粧品を長く使うことの方が大事でしょう。

 

効果が実感されるのは個人差がありますが、目安としては約2ヶ月です。

 

サンプルなどでテクスチャーを確認した後で、価格的にも2ヶ月以上継続できる化粧品かどうかを考慮する必要があります。

 

 

 

正しいスキンケア方法を知ってますか?

 

たるみのお手入れに効果的な正しいスキンケア方法についてまとめています。ちょっとしたコツをつかんでケアすれば、徐々にたるみは改善されていきます。これを機会に毎日のお手入れ方法を見直してみましょう。

 

たるみでお悩みの方の正しいスキンケアの手順は、次のようになります。

 

  1. 洗顔はぬるま湯で優しく行うこと
  2. 化粧水や美容液は、手で温めてから何回かに分けて手で押し当てるようにしてつける
  3. クリームつけるときには、肌にこすりつけずに優しくなじませること
  4. 高保湿成分(セラミドなど)は、化粧水・美容液・クリームで補給する
  5. 油性成分は乳液やクリームで補給する

 

最低限、以上のポイントは押さえておいてください。
もっと詳しい方法については、「顔のたるみを改善するスキンケア」のページでご紹介していますよ。

 

また、逆にたるみをひどくしてしまう間違ったスキンケア方法については以下の通りです。

 

 

 

たるみエクササイズで改善できます

 

ほうれい線やたるみは、表情筋の緩みが原因ですから、表情筋を鍛えるエクササイズが効果的です。
次に、たるみでお悩みの方にオススメなエクササイズを紹介していきます。
TVを見たりしながらでも簡単にできますから、覚えておいて損はないですよ。ながら体操で美人になりましょう。

 

 

ほっぺ膨らましエクササイズのやり方

 

1.片方の頬をふくらませて、息を止める
2.息を止めたまま、空気をもう片方の頬に移動させる
3.同様に左右を交換しながら、息が続くまで空気を移す
4.1から3までを5回くり返す 

 

 

割りばしエクササイズのやり方はコチラ

 

1.割り箸を口にくわえて、ニッコリと笑うように口角を上げてそのまま30秒間続ける
2.割り箸をくわえたまま、口角をゆっくり元に戻す
3.1から2の口角の上げ下げを5回くり返す

 

頬や口角の表情筋を鍛えれば、自然とたるみは良くなっていきます。年齢に負けないように、エクササイズをちょっとずつ毎日続けてみてください。

 

 

食事やサプリでの改善も欠かせません

 

ポリフェノールやビタミンCを取り入れることも、たるみの改善と予防に効果的です。毎日の食事やサプリメントなどで、積極的に摂取するようにしましょう。内側と外側の両方からたるみをケアしていきましょうね。

 

たるみの改善と予防に効果的な栄養素

 

1.ビタミンC…抗酸化作用があります。ビタミンCを多く含んだ代表的な食材には、レモン・ゆず・パプリカ・アセロラ・パセリ・ケールなどがあります。
2.ポリフェノール…むくみ解消効果があります。同様に、ブルーベリー・ブドウ・玉葱・明日葉などに多く含まれています。
3.エストロゲン…保湿機能を改善してくれます。納豆・豆腐・きな粉などの大豆製品に豊富に含まれています。

 

以上の食材をなるべく食卓にのせるようにして、エイジングケアしていきましょう。美容と健康は表裏一体です。健康のためにも、バランスの取れた食生活を送るようにしてください。

 

 

 

 

たるみやほうれい線を悪化させるはNGスキンケア方法とは?

 

リフトアップ化粧品

 

化粧品を買ったときに、面倒だからといって使い方を読まずに使っている人はいませんか?
美容成分をふんだんに使った効果的な化粧品でも、お手入れの仕方が間違っていたら意味がありませんね。
ついやってしまいがちなケアは以下になりますから、自分もやっていないかどうか注意して参考にしてください。

 

 

たるみを悪化させる化粧品の使い方

 

  1. 洗顔後に冷たい水で肌を引きしめている
  2. 化粧水をコットンでたたきつけている
  3. 朝も夜用のナイトクリームを塗っている

 

以上の間違った習慣はたるみを悪化させてしまいます。
これらは肌の血液循環を悪くしたり、お肌に負担をかけるNGスキンケアですから、心当たりのある人は今すぐにやめましょう。

 

 

 

朝も夜用のナイトクリームを塗っている方いませんか?

 

ナイトクリームはしっかり保湿成分が入っているから、朝つけても大丈夫だと思いがちです。
でも、ナイトクリームはその名の通り夜につけることを前提にして作っているので、紫外線に弱い成分を使っていることが多いのです。なので、紫外線の強い昼間には不向きです。

 

朝は、通常のケアアイテムでお手入れするのが正解です。

 

 

表示量を守っていない方いませんか?

 

化粧品は、表示されている使用量をしっかり守ることで効果が出ます。
もったいないからとか、べたつくからという理由で少なくしてしまうのでは、逆に効果が出なくてもったいないです。

 

化粧水や乳液などがべたついて気になるときは、たいていお肌になじんでいないことが原因です。数回に分けて、ちょっとずつ手であたためながら塗布すると、お肌になじんでべたつきが少なくなります。

 

 

長時間マスクシートをつけているもいませんか?

 

マスクシートを愛用している人も多いでしょう。
マスクシートはちょっと時間がかかりますから、何かをしながらしている人は多いでしょうが、表示時間以上つけていると、保湿するつもりが反対にお肌の水分を奪って乾燥させてしまいます。

 

何かしていると時間が経つのを忘れてしまいがちですが、タイマーをかけるなど工夫してマスクした方が良いですよ。

 

ラップを使ってマスクシートの効果を倍増!
マスクシートをするときに、上からラップを重ねるとより保湿効果がアップします。そのままだと身動きできなくなってしまうので、目と鼻の部分を切り取って使ってくださいね。あらかじめシートの形に合わせて切っておくと扱いやすいです。

 

 

 

【おすすめリフトアップアイテムをもっと詳しくチェック】

基礎化粧品ランキング 時短化粧品ランキング
スペシャル化粧品ランキング マッサージ化粧品ランキング
トップへ戻る