リフトアップ化粧品ランキング 人気ランキングを見てリフトアップ化粧品や化粧水を選ぶのがおすすめ!

リフトアップ化粧品のたるみを改善する美容成分

美容成分

 

「リフトアップ化粧品」に必要な美容成分を理解していきましょう。

 

リフトアップ化粧品選びは、口コミやランキングで調査するのも一つの方法ですが、美容成分を見ることも重要なチェック項目なのです。

 

その化粧品の有効成分や配合量は、パッケージやボトルに表示されていますが、とても小さな字で書かれているため少々読みづらいかもしれません。

 

含有量の多い順に成分名が表示されています。
ただし、一般的な名称ではなく、化学物質名で表記されていることが多いので、公式サイトの商品説明ページで確認したほうがわかりやすいです。

 

例えば「ビタミンC誘導体」の場合、「リン酸アスコルビル」とか「パルミチン酸アスコルビル」のように表示されていることが多いです。

 

 

リフトアップ化粧品に必要な代表的な美容成分については、次のようなものがあります。

 

リフトアップ化粧品に配合されている成分で注目すべきは、ズバリ!コラーゲン生成成分と抗酸化成分です。どのような美容成分が含まれているのかを必ず確認しましょう。

 

人気メーカーの化粧品であれば、商品説明ページに記載されているはずです。

 

  • ビタミンC誘導体(APPS)
  • プロテオグリカン
  • レチノール(ビタミンA)
  • ナイアシン(ビタミンB3)
  • コラーゲン
  • セラミド
  • ヒアルロン酸

 

 

リフトアップ化粧品を選ぶとき、ついついやってしまうのが「有名だから」「値段が高いから」「知り合いが使っているから」など、美容成分も確認しないで購入してしまうことです。

 

肌のたるみをを改善できる美容成分が入っていない化粧品、または少ない化粧品では、リフトアップ効果は期待できません。

 

最低限以下の8つの美容成分については、その役割を知っておきましょう。

 

 

肌の土台を改善してくれる美容成分

たるみが起こるのは、肌内部の保水力がなくなって、肌のハリがなくなることによるものです。

 

乾燥した地面が陥没したり、にヒビが入るもと同じ理由です。

 

肌内部に張り巡らせたコーラーゲンやエラスチンなどが減少すると、たるみやシワが現れてしまいます。

 

 

ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成を助けます

肌の保湿に必要なコラーゲン生成に必要なのが“ビタミンC”です。

 

美肌にはビタミンC!これはご存知の方が多いはず。
しかしビタミンCは、そのままの形状では肌に浸透しないので、ビタミンC誘導体という形に変化させて使われます。

 

保湿や肌のターンオーバーには欠かせない成分です。

 

 

プロテオグリカンはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進します

プロテオグリカンは、いま注目の美肌成分です。

 

肌の奥、真皮層に必要なコラーゲンやヒアルロン酸の生成力を高めてくれます。

 

またプロテオグリカン自身も高い保湿力を持っているので、保湿には欠かせない美容成分です。
こちらもも表皮のターンオーバー周期をを整える美容効果があるとされています。

 

 

レチノール(ビタミンA)は繊維芽細胞の活性化をしてくれます

 

コラーゲン、ヒアルロン酸、繊維芽細胞といえば、真皮層の保湿3大成分ですが、線維芽細胞はコラーゲンを作り出す細胞で、この働きを活性化させることは、保湿には重要です。

 

レチノールは、代表的なシワ対策に効果的とされる美容成分名です。

 

 

ナイアシン(ビタミンB3)もコラーゲンの生成を助けてくれます

ナイアシンは、血行を良くし肌を健康に保つ働きがあります。

 

どちらかというと美容成分というよりは、食品中に含まれる糖質の代謝を促す働きがあるので健康成分としてサプリなどで摂取する方が多いようです。

 

しかし美肌効果ももちろんあって、肌や粘膜を美しく維持する働きもあります。

 

 

抗酸化作用のある美肌成分

 

抗酸化作用のある美肌成分を紹介します。
酸化作用とは、金属など劣化するとサビがでる、あの作用です。

 

人間も年齢ががすすむと、活性酸素が増加し酸化することとなります。
いわゆる老化、エイジングとは、この酸化によるものなのです。
したがって、酸化を緩やかにする美容成分が抗酸化成分なのです。

 

簡単にいうと、「若返り成分」とも言えます。

 

 

ビタミンC誘導体は美肌の万能成分です

ビタミンC誘導体はコラーゲン生成を助けるほかにも、抗酸化作用があります。

 

できてしまったメラニンを還元する働きがあるので、美白化粧品はなくてはならない成分です。
また新陳代謝を促す作用、皮脂分泌のコントロール作用もあります。

 

 

アスタキサンチンの抗酸化力はビタミンEの約1000倍

アスタキサンチンは魚介類に多く含まれる赤い色素の成分で、抗酸化力はビタミンEの約1000倍ともいわれています。

 

このアスタキサンチンも、抗炎症作用、美白作用のほか、コラーゲンの生成を助ける働きがあるとされています。

 

富士フィルムのアスタリフトでよく知られている美容成分です。

 

 

リコピンはダイエット効果だけじゃなかった

リコピンといえばトマトを思い浮かべてしまいますが、トマトやスイカなどに含まれている成分です。

 

美容成分リコピン

 

リコピンは、老化の原因となる活性酸素をβ-カロテンの2倍、そしてビタミンEの100倍も除去する力も持っており、美肌効果では、肌の真皮層を紫外線の危険から肌を守り、保湿機能を高めます。

 

レスベラトロール同様、コラーゲンの減少を抑制する効果があるので、シワやたるみを予防できる成分とされています。

 

 

カテキンはお茶の成分じゃないの?

カテキンというと、たしかにお茶の渋み成分なおんですが、それだけではなく、実は昔から美容効果が高いと化粧品い使われていたそうです。

 

ポリフェノールの一種で最近では、インフルエンザへの効能も期待されているそうです。

 

リフトアップ化粧品を選ぶなら、これらの美容成分に注目してチェックしていただきたいと思います。

 

 

 

レスベラトロールは注目の美容成分です

あまり聞いたことがない美容成分かもしれませんが、実はいま大注目の美容成分なのです。

 

もともとは長寿健康成分として医療機関でも使用されていた成分なのですが、コラーゲンの破壊消費を4倍も抑制する成分があることがわかり、注目されています。

 

サプリなどで摂取する美容成分で、「資生堂」や「わかさ生活」などから販売されています。

 

 

>> メニューに戻る

トップへ戻る